木造民家の解体撤去工事

経年劣化で土壁などが劣化し、崩れかけていた木造の民家と納屋。
放置していると危険な場合もあります。

手作業と重機の合わせ技

細かく繊細な作業のいる箇所は手解体で慎重に進めます。
敷地が広くない場合でもミニユンボを活用し、工期短縮に努めます。

8日間の作業で完了

わずか8日間の作業で間口が広がり、入り口もスッキリとしました。
工事を決断するには費用も時間も掛かってしまうことかと思います。
しかし、お客様のほとんどがもっと早くスッキリとさせておけば良かったとおっしゃっています。

淡路島で解体工事、スクラップ引取ならヤマキンメタル

淡路島で解体工事のお悩み、ご相談がありましたら、
島内最大規模のスクラップヤードと自社保有の重機やトラック、豊富な経験を持つ職人が率いるヤマキンメタル 解体工事部にお気軽にご相談ください。