ヤマキンメタルのヤード(工場)には世界各国のバイヤー達が自国で再利用できるアイテムを求めて数多く訪れます。写真の彼らはスリランカに向けて、数多く廃車されたバイクを買付していきました。

大半は動かないバイクなのですが、エンジンや部品毎に分けられ、使える部分を余すことなく再利用していきます。スクラップダウンとしてリサイクルするよりも、需要のある国でまた新たにリユースされることは嬉しいものです。

動かなくなった機械やバイク、自動車などの処分でお困りでしたらお気軽にご相談ください。